金沢Rブログ

金沢の広見

金沢という町に特有なものの一つに「広見」というもながあります。





有名なのは野町の「六斗」の広見ですが、
これは「横山町」の広見です。

金沢にはいくつもの広見があります。
おそらく火災を食い止める為や、
みんなが行き交う公共の広場として、
機能していたのでしょう。

何故、横山町の広見かと言いますと、
私の住まいが横山町にあるからです。

広見の一角にこんな解説があります。






横山町の町名の由来は、
「加賀八家」の横山家の屋敷があったことに由来します。
金沢城から浅野川に向かって東へ少し行くと横山町です。






加賀八家とは、横山家とは・・・






今は閑静な住宅街って感じですが、
昔は活気のあった町だったのでしょう。






この通りは昔商店街だったそうで、
今でも、魚屋さんや八百屋さん、
どじょうの蒲焼やさんがあったりと
面影を残しています。

区画整理された住宅地と違い、
道路が狭かったりと不便さもありますが、
こういった広見があったり、
町の名前に歴史があったり、
金沢の町はふところの深さを感じます。


今日初めてブログを書かせていただいたktoです。
身近なところから金沢ならではのお話を書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします。
  1. 2008/09/30(火) 19:58:23|
  2. walk|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<金沢夫婦像 | ホーム | 新天地!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する